レーシックイメージ

レーシックでの視力回復(2年半前)

自分が2年半ぐらい前に受けた、レーシック手術の話です。
自分は当時、コンタクトレンズと眼鏡を併用していました。
視力は、背筋を伸ばして座ると机の上にある本が読めないくらい悪かったと思います。
日中はコンタクトレンズを使用していたのですが、着けるのが面倒だったり、コンタクトレンズの位置がずれてしまって視界がぼやけたり、痛かったりと大変な時が多々ありました。
▼こちらの記事も必見です。
レーシックを受けるならコンタクトレンズに注意
特に、急いでいる時や外出先にいる時などは凄く大変でした。
そんな時にレーシック手術の存在をインターネットなどで知りました。
最初は保険も効かないし、危ない手術ではないかと思っていました。
しかしある日、自分の身近な方が手術を受けたことを知り、その快適さを聞くことができました。
手術失敗により目が見えなくなるかもしれないという不安や、保険が効かないことによる金銭的な不安もありましたが、今までのコンタクトレンズに起因するマイナス要因と、成功したときの快適さなどを考慮した上で、手術を受けることを決めました。
実際の手術ですが、自分の記憶だと、とてもスムーズに行われていました。
手術前の目の状態を確認し、担当の先生のお話を聞き、手術に同意した上で、手術をし、その後の検診で目の状態を再度確認するといったものです。
入院をすることもなく、手術後も少し休んだらすぐ帰宅できました。
帰宅後は、目を保護する専用の眼鏡と、処方して貰ったいくつかの目薬を使っていたと思います。
視力が回復したことは、手術後の帰宅中はまだ信じられませんでしたが、後日の検診時に視力検査をし、予想通りの回復をしていたを知り、感動しましたことを覚えています。
今、手術から2年半が経ちました。
自分の目は、特に病気になることも無く、健康です。
(ただし、花粉症を除きます。花粉症のときは目が痒くてしょうがないです。)まだこれから先、手術による後遺症が出てこないとも限りませんが、この2年間はコンタクトレンズをしていたことを忘れさせてくれるほど快適です。
それと、自分なりに目の健康に気を使うようにもなりました。
ゴミが入った時の為に目薬を常備しています。
自転車に乗る際はサングラスや伊達眼鏡をかけるなどして、風が直接目に当たるのを防いでいます。
このような心がけをするようになったのも、手術をしたおかげだと思っています。
レーシック手術に限ることではありませんが、手術の決断には身近な人の体験談や手術後の心がけが大切だと思います。
手術を決断する際は、病院の説明や色々な方の意見、体験談を大切にして欲しいと思います。
また、こちらのレーシック手術の体験談についての記事も参考にご覧ください。

Copyright(C) 2014 眼の手術.com All Rights Reserved.